静岡おでんのレシピ

<静岡おでん>

【材料】(4人前)

  • 牛すじ(200g)
  • おでん種 お好みで
  • だし汁:水(11カップ)、削り節(20g)
  • 調味料:砂糖(大さじ2)、みりん(大さじ2)、濃い口しょうゆ(大さじ2)、酒(大さじ2)、塩少々

【作り方】

  1. 牛すじをゆでて、ゆで汁は捨てる。
    鍋にその牛すじと水5カップを入れ、火にかける。
    煮立ったらしょうゆ大さじ1弱を入れ1時間ほど煮る。
  2. 深鍋に水11カップを沸騰させ、削り節を入れ、2,3分煮たら、こしてだし汁をつくる。
  3. おでん種にくしを刺して2.の深鍋に縦にいれる。
  4. 1.の牛すじを煮汁ごと深鍋に加え、調味料を入れて2,3時間ほど煮込む。
  5. お好みで青のり、だし粉をふりかけて食べる。

<焼津おでん>

【材料】(約5人前)

  • 鰹削り節(20g位)
  • 牛すじ(200g)
  • 大根、じゃがいも、昆布、こんにゃく、玉子、はんぺん(もちろん鰯の黒はんぺん)、竹輪、ごぼう巻きなどの煉り製品
  • みりん(大さじ2)、酒(約80cc)、醤油(約100cc)、砂糖(大さじ1)

【作り方】

  1. まず、出しを取ります。鍋にたっぷりの湯を沸かし、鰹削り節を入れ、沸騰したら火を弱め、2~3分したらこしておきます。
  2. 牛すじは一度茹でて鍋から出し、もう一度水から火にかけます。煮立ってきたら、醤油約100ccを加えコトコトゆっくり煮ましょう。
  3. 大根、じゃがいも、こんにゃくも下茹でしておきます。(大根はお米のとぎ汁を使ってで茹でておくといいですよ。)
  4. 昆布はさっと水につけ、適当な大きさに切り、結んでおきます。
  5. ごぼう巻きやさつま揚げなど、油で揚げてある煉り製品は、熱湯をかけ、余分な油を流しておきます。
    下ごしらえが出来たら、大きめのお鍋に出し汁と、牛すじを汁ごと移し、用意した具を入れていきます。
  6. 調味料で味付けをしたら、後はゆっくり煮込みましょう。
    時間をかけることによって、それぞれの素材からどんどん旨みが出てきます。

出来上がったら、お皿にとって、青のりを混ぜただし粉をたっぷりかけて食べましょう。

とろけるような大根、ほっこりしたじゃがいも、出しを含んだ黒はんぺんや竹輪。

時間をかけて作ったおでんは、次の日にもっとおいしくなっていますよ。

「おでん」は、疲れた体もあたたまり、いろいろな栄養がとれます。
寒さを乗り越えてきた体をいたわって、季節の変わり目に備え、体調を整えましょう。